My kindle library and highlights

Follow @umihico Star Issue

cover_img

Author:深海 菊絵

Title:ポリアモリー 複数の愛を生きる (平凡社新書777)

Date:金曜日 3月 9, 2018, 7 highlights

@162
他人の愛について善悪を判断する権利は誰にも
—-

@256
二人の子供がいる親が、一人の子供を持つ親より愛情を注いでいないとはいえないだろう。愛は人数によって分割されるものでも、有限なものでも
—-

@709
人生は一度きり。でも、もしそれを正直に、真剣に生きたのなら、人生は一度で十分だ」
—-

@1240
感情は普遍的ではなく社会の構築物である
—-

@1244
たとえばトルコでは嫉妬を肯定的に捉える。嫉妬深いということは、相手に感情を入れ込んでいる証拠であり、誇りであると。トルコ語で「嫉妬する」を意味する「クスカンマック」という言葉は、「嫉妬する」だけでなく、同時に「大事にする」という意味を包含している[
—-

@1365
コンパージョン」という言葉は嫉妬の正反対の感情として、ケリスタ共同体(第2章の「ラヴィング・モアの誕生」の項参照) が創った造語である。あるポリアモリー用語解説によると、「愛する者が自分以外のパートナーを愛していることを感じたときに生じるハッピーな感情」
—-

@1392
モノガミー社会では、パートナーを独占することができ、結婚はその権利を確実なものにする、と考えられている。
—-