My kindle library and highlights

Follow @umihico Star Issue

cover_img

Author:茂木 健一郎

Title:結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方

Date:火曜日 9月 4, 2018, 31 highlights

@99
人間の脳には「すぐやる脳」と「ぐずぐず脳」がしっかりと共存していて、「すぐやる脳」の活性化は、脳の抑制を外せるかどうかにかかってい
—-

@139
目の前の努力を「頑張る行為」と意識せず、何も意識せずに行えるよう「習慣化」することが成功への
—-

@211
人間がいきなり行動を開始するためには、脳の背外側前頭前皮質(dorsolateral prefrontal cortex)という回路を鍛えることが必要
—-

@214
勉強をしようと思ったら、パッとその瞬間に
—-

@215
最初はなかなかそれができないのですが、脳の回路も筋肉と同じで、毎日続けることで強化されていき
—-

@220
歯磨きでもするように、あれこれ考える前にパッとやってみるの
—-

@241
あきらめてやらないよりも、途中からでもやったほうがいいじゃないかという考え方が、ベストエフォート(最善努力)
—-

@242
やるときには、「ベストエフォートでいいんだ」ということを、徹底的に自分に叩き込む
—-

@248
罪悪感などの「心のゴミ」をできるだけ速やかに処理
—-

@320
時間制限を自分の中に
—-

@321
脳の活動は抑制や制約により停滞する」と言いましたが、それはあくまで「他者からの制約」です。 自分で自分に課す「自分からの制約」は、逆に脳のモチベーションを上げる行為と
—-

@345
リスクを取らず現状に甘んじている人と、果敢にリスクを取って進化していける人の間に、これから深刻な階層ができ上がっていく と私は
—-

@540
アメリカ人であっても、外交的・社交的であることが大事だとは言われていませんでした。つまり、アメリカのポジティブ文化の発祥とは、ほんの百年前のことです。
—-

@783
人間の脳は「新しいこと」や「何が起こるかわからない」という状態が好きだという側面がある
—-

@784
何かをしていて飽きてしまうのは、好奇心が旺盛な人間の特性が発揮されている状態
—-

@849
クリエイティブな作業のすべてに求められること、それは「締め切りをつくること」です。
—-

@855
プロとアマのクオリティの差が「締め切りがあるかどうか」にある
—-

@943
ゲーミフィケーションとは、課題解決や日常生活の様々な要素をゲームの形に置き換えて楽しみながらやるということです。これは特に、ルーティンワークや単純作業のようなことをやるときに効果を発揮します。   目標とする時間や分量を設定し、「この仕事は何分で終える」「あと五枚、伝票を書いてから休憩する」と、まるでゲームを楽しむかのように
—-

@948
目標を達成した後で、満足感を得られるテーマを設定すること
—-

@977
できる人ほど仕事と遊びの区別がない
—-

@1106
どうしてもフローに入りづらい場合があります。それは、新しいことに挑戦するときや、非典型的なことをやるときです。それらについて考えることが、脳に大きな負担をかける
—-

@1108
一方で、それらの負担は脳の活動にとっては意味があります。
—-

@1136
物事に慣れていくためには「何かをうまくやってやろう」という意識を持つのではなく、「もう、なるようにしかならない」とある意味での開き直りも必要
—-

@1162
他人と比べない、それが競争しながらフロー状態をつくるコツ
—-

@1169
ライバルに対してもっとも正しい向き合い方とは、うらやんだり 妬んだりすることではなく、課題への向き合い方や、勝利の要因などを盗む、学ぶということ
—-

@1178
白洲次郎さんが提唱した「プリンシプルな生き方」
—-

@1204
お寺の修行とは本当に厳しい世界で、「いつも頑張る」という意識ではとても続かないのだということです。だからこそ、お寺の修行では禅の教えをもとに頭を空っぽに
—-

@1205
毎日のルーティンワークも、頭をからっぽにするための修行
—-

@1251
一般的に「To Doリスト」と呼ばれる作業自体、プログラム的に解明できていないくらいに遂行が難しいことだと言われています。
—-

@1287
秒単位で脳内のTo Doリストを整理していると、朝起きてから夜寝るまで、いかに自分のスケジュールが隙間だらけか
—-

@1653
主な著書に『脳とクオリア』(日本経済新聞出版社)、『ひらめき脳』(新潮社)、『脳を活かす勉強法』(PHP研究所)、『金持ち脳と貧乏脳』『
—-