My kindle library and highlights

Follow @umihico Star Issue

cover_img

Author:デイル・ドーテン

Title:仕事は楽しいかね?≪最終講義≫ 仕事は楽しいかね?

Date:土曜日 2月 9, 2019, 19 highlights

@161
相手を向上させてくれる人々だ。だったら、どちらが主でどちらが従か、なんて関係あるかい?
—-

@174
ポルシェ社の元CEO、ピーター・シュッツだ。彼はある仕事仲間との関係をこう表現している。 その人と一緒にいるときの自分がいちばん好きだ。
—-

@620
予算もない、人手もない、情報もないんだ。〝適当な時期〟でもなかったし、〝成功する〟かどうかも分からなかった。でも、彼女には分かっていたんだ。 待っていたって〝適当な時期〟なんか決して訪れないし、 〝成功する〟ために必要なものが すべてそろうなんてこともない。
—-

@705
「冒険とは、予期したものとの出会いだろうか、それとも予期せぬものとの出会いだろうか?」  答えは明らかだった。 最高の上司は、どうすれば職場が 部下たちの冒険の場になるかを知っている。
—-

@785
「自分は安全だ、事態を完全に把握している、とカラスは考える。自分が六までしか数えられないことを知らないから、危険が潜んでいても気づかない。 七という数字が存在することすら知らないんだ。それと同じことが、人間にも言えるんだよ。 知らないもののことは分からないのさ。  以前、最低の上司とはどんな人間か調べたことがある。その結果、 何にも分かってない上司ほど、 自分はいろんなことを知っていると 勘違いしていることが分かったんだ。
—-

@796
ダーウィンの言葉を引用している。   無知は、知識よりずっと人に自信を与えるものである。
—-

@799
知識、技術ともに最低レベルの被験者たちは、自分のテストの成績を正当に評価することができなかった。実際の得点では、下から一二パーセント以下の順位なのに、自分では六二パーセント以上に位置すると評価しているんだ。  この研究から、人は何かを学んだり技術を身につけたりすることで、まだまだ学ばねばならないことがあるのに気づく、ということが分かった。事実、最高レベルの被験者は、実際のテスト結果より自分を低めに評価していた。聡明な人間は謙虚なんだ。賢者は決してうぬぼれない。鋭い眼識を持つがゆえに、謙虚になるんだ。そしてそれが、 最高の人材ほど、 答えよりも質問を多く持っている理由であり、 頭脳のネットワークを持っている理由なんだ。
—-

@879
レイオフされた人をイギリスでなんと呼んでいるか思い出しました。〝余剰労働者〟って言うんですって。
—-

@881
いつも意見が一致する人間が会社に二人いたとしたら、どちらかは不要である。
—-

@883
「ということは、 人は自分の集合的頭脳に、常に新しい脳を加え続けなければならない、という結論になる
—-

@979
その決断は、あなたが人生に求めるものと 同一線上にありますか?
—-

@1057
スタート時に予算がないほうが自由であるという、もう一つの例だ。予算がつけば、プランの提出や報告の義務や委員会といったものも、漏れなくついてくる。
—-

@1091
八〇パーセント・アプローチ〟 という戦略を考え出した。  その考え方はというと、あるプロジェクトに着手するときに、完成まで八〇パーセントという地点をゴールにするんだ。そしてその後を、他の人間に任せてしまう。任された人は、また残りの仕事の八〇パーセントまで完成させる。それを必要なだけ繰り返すんだ。サリヴァンに言わせれば、その方が良い結果が得られるし、仕事も早く済むんだ
—-

@1112
〝完璧〟という言葉は創造性をオフにするスイッチだ
—-

@1250
「ご予定を変更なさる場合は、ご連絡ください」と言う代わりに、「ご予定を変更なさる場合は、 ご連絡いただけますか?」と言わせたのだ。たったそれだけである。  マックスは実験を評して言った。 「たったそれだけではあるけれど、ただの依頼からお願いに変化したんだね。すっぽかし率はどうなったと思う?」  マックスは僕らに考えさせている間にマルガリータを一口飲み、勝ち誇ったように言った。 「なんと、六〇パーセント以上も減ったんだよ!
—-

@1296
出席者全員を思い浮かべてこう自問するんだそうだ。『認められたいと思っているのは誰だ?』そして『それぞれが必要としているものは何だ?』とね。言い換えれば、他人に良い印象を与えようと考えるんじゃなくて、 他人を立てて、助けようと考えるんだ。
—-

@1365
必要とあればいつでも彼は科学者的論理を飛び越え、感情に直に訴えかけた。たとえば、彼は常に遺伝子の置き換えによって根絶されるはずの病気のリストを持ち歩いていた。また、たった一つの遺伝子の異常が原因で、運動機能のコントロールが失われる病気のハンチントン舞踏病患者のビデオも持っていた。〝
—-

@1371
彼は大勢の人にヒーローになってくれと頼むことで、ヒーローになってしまった。彼に説得され、ビデオを見せられて、ノーと言える人がどこにいるだろう? なぜなら、彼はお金や賛同を求めているんじゃなくて、世界的大事業に参加してくれって頼んでいるんだから。つまり、彼はセクシーな頭脳を働かせたんだ。
—-

@1727
彼らは問題と解決法について話し合うのが好きで、もっとも興味深い問題を抱えた人の勝ちという了解がある。
—-