My kindle library and highlights

Follow @umihico Star Issue

cover_img

Author:丹羽 宇一郎

Title:中国の大問題 (PHP新書)

Date:水曜日 7月 15, 2015, 35 highlights

@18
人口は日本の一一倍、自動車の販売台数は四倍、ビールの消費量は八倍──。
—-

@20
世界の工場」は「世界の市場」へと大きく 舵 を切っていく。
—-

@163
アジア最大の国土と四千年の歴史を有する中国。一四億人もの人口を抱える世界一の経済大国
—-

@177
実質は大臣クラスの中国共産党中央政治局委員二五名、そのうち七名の常務委員、いわゆる「チャイナセブン」が、この国家を動かしていると言っていい。
—-

@180
中国共産党独裁政権
—-

@181
二期十年間は習近平・李克強体制が続く。
—-

@185
第一期の五年間では習近平はまだ自分の人事ができず、みずからの意見を通しにくい状況にあると見ていいだろう。
—-

@236
中国の全資産の四〇パーセントは国有企業がもっている。
—-

@283
かたちのうえでは三権分立をとっていても、実態としては裁判所に司法権はなく、中国共産党の政法委員会が実質的に判決を下す。
—-

@340
腐敗 撲滅 をめざして「習八項」という共産党員向けの八カ条を打ち出した。
—-

@359
毛沢東が一九五八年から農業・工業の大増産をめざした「大躍進政策」は、何千万人とも言われる 餓死 者を出す大失敗に終わった。しかし、八〇年代後半からの 小平による改革開放政策によって、中国経済は非常に高い成長率を維持し、いまや世界に冠たる経済大国にまで発展した。それによって国民の生活レベルは上昇し、中国は都市に高層ビルが建ち並ぶ先進国の仲間入りをしようとしている。
—-

@368
経済成長による生活の安定と、抗日戦争の勝利。中国共産党は二つの理由で国民の信頼を保ち、独裁を続けてきた。
—-

@386
チャイナセブンのうち江沢民の息のかかった守旧派の五人は年齢からいって、二〇一七年の党大会で否応なく定年退職になる。
—-

@500
中国にはアメリカ同様、異民族、異宗教が多数共存しているため、国民は他者と衝突する危険性にたえずさらされている。政府のセキュリティを信用しない国民は自衛策を講じて武器類をもとうとする。
—-

@540
二〇三〇年までに三億九〇〇〇万人の農民工が都市住民に変わり、それによる財政負担は中国のGDPに相当する五一兆元(約八一六兆円)にのぼる。事実上ありえない数字である。中国の改革開放経済は岐路に差しかかっている。
—-

@547
中国共産党の独裁体制はもうしばらく続かざるをえない。なぜなら一四億人の国民の民意を反映させるための選挙の実施など、そう容易ではないから
—-

@573
私見では、中国が民意を反映する体制になるためには、アメリカのように地方分権を推し進めた連邦国家制になる以外に道はないと思う。
—-

@597
タダ同然の国有の土地をなかば強制的に取り上げ、道路や鉄道、マンションをつくって大きな価値を生む──中国の急成長はこの構図から生まれてきた。
—-

@606
日本は中国からASEANに投資先の重心を移しているのである。
—-

@620
サービス分野を除くモノの貿易額では米国を抜いて世界首位である。
—-

@645
中国の労働者の賃金は現在、年間一〇~二〇パーセントの割合で上がりつづけている。二〇〇六年と一一年の賃金を比較すると約二倍に跳ね上がり、労働争議の件数は一二倍に増えている。
—-

@662
いかなる国家も一〇パーセント台の高い経済成長率をずっと維持することはありえない。
—-

@663
中国の経済は韓国からは二十年遅れ、韓国は日本から二十年遅れ、つまり前述したように、中国経済は日本の四十年遅れと私は見ている。
—-

@681
なぜこれほどまでに生産量が過剰になるかといえば、社会主義圏においては生産量で企業評価がなされるため、企業側がどんどん生産を増やすからである。
—-

@692
現在の新興諸国が非常に高い経済成長率を記録しているのは母数が小さいためで、少し成長しただけでも一〇パーセント、二〇パーセントの経済成長率になる。
—-

@727
もし日本と同じことを中国経済がやれば、八元は二~三元になってもおかしくはない。それくらいの急激な円高を日本はアメリカの圧力によって経験した。それがバブルを生んで結局、その後のバブル崩壊とデフレにつながる。
—-

@750
中国の大きな銀行では、貸付の基準金利が六パーセント、預入の基準金利は三パーセントと決まっている。つまり黙っていても三パーセントは 儲かる。だから、銀行はわざわざリスクの高い中小企業にお金を貸す必要はない。
—-

@759
中小企業はいったいだれから金を借りるか。中国で地方債の発行は認められていないし、大銀行は預金総額の七割しか貸してはいけない。それなら国有企業など決して倒産しないところに貸せばいいのであって、リスクをとってまで倒産が危ぶまれる中小企業や個人企業に貸す必要はない。
—-

@762
中小企業にお金を貸すのが、融資平台(地方政府傘下の資金調達会社)であり、質屋であり、あるいは 頼母子講 のような互助組織であり、小さな信託銀行である。こういったものを総合して「 影 子 銀行」、すなわちシャドーバンキングと呼ぶ。
—-

@824
日本人は株が上昇して喜んでいるが、世界的にはドルベースで見ると、円安によって日本の国力は落ちている。
—-

@842
ラオス六四〇万人、カンボジア一五〇〇万人、ヴェトナム九〇〇〇万人、ミャンマー六四〇〇万人。中国一四億人の
—-

@862
中国人は利益は信用から得るものではないと考えている。だまされるほうが悪いという発想である。
—-

@958
中国を見る場合、現時点だけではなく、五年、十年というスパンで複眼的に考える必要がある。
—-

@1107
商社マン時代、私はある大会社に毎日通っていた。その会社の社長も含めて、みんなは毎日出社する私をその会社の社員だと思っていた。じつは私はその会社に昼食を食べにいっていたのだが、毎日出入りすることで、その会社についておおよそのことがわかった。
—-

@1162
中国全土の六分の一を占める。
—-