My kindle library and highlights

Follow @umihico Star Issue

cover_img

Author:ダン アリエリー、熊谷 淳子

Title:予想どおりに不合理  行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

Date:金曜日 11月 30, 2018, 71 highlights

@291
すべてが相対的、これに
—-

@393
を選択肢に含めると、たとえだれもそれを選ばなくても、人々が最終的に A を選ぶ確率が高く
—-

@543
給料の多さと幸福感とのあいだに、わたしたちが思っているほど強い関連がない(というより、むしろ関連は弱い)ことは、これまで繰り返し立証されている。研究によれば、「もっとも幸福な」人々が住んでいるのは、個人所得がもっとも高い国ではないこともわかって
—-

@547
給料に対する男の満足度は、(読者のみなさん、覚悟はよろしいか?)妻の姉妹の夫より多く稼いでいるかどうかで
—-

@570
わたしたちは自分のまわりを取り囲む「輪」の大きさを選べる場合がある。小さい輪が集まっているほうに移動すれば、相対的な幸福感は大きく
—-

@614
人は持てば持つほどいっそう欲しくなる。唯一の解決策は、相対性の連鎖を断つこと
—-

@707
人に何かを欲しがらせるには、それが簡単には手にはいらないようにすれば
—-

@783
社会保障番号ではなく、現在の気温や業者の希望小売価格を使っても同じことだ。それどころか、どんな質問でもアンカーをつくりだせただろ
—-

@804
最初のアンカーはそのときの買い物だけでなく、その後もたくさんの買い物の判断に影響を
—-

@963
入店の経験がほかとはちがったものになるように、できることをすべてやった。ほかとはかけ離れた経験にすることで、わたしたちがダンキンドーナツの価格をアンカーに使わずに、かわりにスターバックスが用意した新しいアンカーをすんなり受けいれるように全力をつくした
—-

@1040
最初の決断が賢明だったと思いこんで、それを基盤に人生を築いているのだろうか。
—-

@1045
人間というものが、最初に何も知らずにたまたまとった行動の総体でしかないとしたらどうだろう。
—-

@1061
ソクラテスは、吟味されない人生は生きる価値がないと言った。
—-

@1174
自分の決断がほんとうは直感、つまり胸の奥底で望んでいるものから来ている場合、わたしたちはときに、その決断が合理的に見えるように仕立てたくなるということだ。
—-

@1217
値段ゼロは単なる価格ではない。ゼロは感情のホットボタン、つまり引き金であり、不合理な興奮の源なのだ。
—-

@1614
社会規範と市場規範を混同してはいけない。とくにこの場合、混同すれば女性を売春婦呼ばわりしていることになる
—-

@1654
考えのなかにいったん市場規範がはいりこむと、社会規範が消えてしまう
—-

@1754
社会規範は一度でも市場規範に負けると、まずもどってこない。
—-

@1859
企業が社会規範で考えはじめれば、社会規範が忠誠心を育てることに気づくだろう。さらに重要なことに、社会規範は人々を奮起させる。柔軟で、意識が高く、進んで仕事に取りかかるという、企業が今日必要としている従業員になろうと努力する気にさせる。それが社会的関係のもたらすものだ。
—-

@1982
プレゼントは経済効率が悪いものの、社会の潤滑油として重要だ。
—-

@2151
スーザンが無料でクッキーを勧めた場合、あなたは社会的公正や欲ばりと思われることの影響や仕事仲間の幸福について考えるはずだ。やりとりにお金が持ちこまれたとたん、あなたは社会的に何が正しく、何が正しくないのか考えるのをやめ、できるだけたくさんクッキーを手に入れたくなる。
—-

@2193
やりとりに金銭が絡まないとき、わたしたちがあまり利己追求をせず、他者の幸福をもっと気にしはじめる
—-

@2518
興奮した状態で自分がどう行動するかわかっているつもりでいるが、その判断力はかぎられたものだ。
—-

@2609
向こう側にいるときの感情の状態をなんとかして経験し、理解しなければならない。人生における重要な決断をするには、この隔たりを埋める方法を身につけることが不可欠だ。
—-

@2756
ほとんどすべての人が先延ばしの問題を抱えているにもかかわらず、自分の弱点を自覚し、認めている人のほうが事前の決意表明に利用できる道具を使いやすく、そうすることで自力で問題を克服できる
—-

@2856
臨床検査(や医療処置)をパックにして、人々が受けるのを忘れないようにするほうが、人々にいやがられるいくつもの変則的な保健指導に固執するよりはるかに賢明だ
—-

@2994
Eメール中毒は、行動主義心理学者のB・F・スキナーの言う“〝 強化スケジュール”〟 と関連があるように思う。
—-

@2998
定率強化スケジュールと変率強化スケジュールという区別がある。
—-

@3006
変率強化スケジュールのほうがやる気が起きる
—-

@3116
死因の第一位はがんや心臓病でもなければ、喫煙や肥満でもない。賢い選択ができず、自滅的な行動を克服できないことだという( 10)。ラルフは、わたしたちの約半数が最終的に早死ににつながる生活様式を選択すると予測している。
—-

@3302
オークションが長ければ長いほど、さまざまな入札者が仮想の所有意識を強め、もっと高い金額を入札するようになる
—-

@3334
所有意識は物質的なものにかぎったことではない。ものの見方にもあてはまる。
—-

@3414
自分の所有物を過大評価してしまう傾向は、人の基本的な偏向であり、自分自身に関係のあるものすべてにほれこみ、過度に楽観的になってしまうという、もっと全般的な性向を反映している。
—-

@3419
心理学ではこれを「 前向きな先入観」と言う
—-

@3904
人を映画に誘うとき、とても評判のいい映画だと言いそえれば、相手をいっそう楽しませることができる。これは、ブランドや製品の信用を築くのにも不可欠だ。つまるところ、マーケティングとはそういうものだ。情報を提供することで、予測される喜びを高め、ひいてはほんとうの喜びも高めようというわけだ。
—-

@3968
自分自身の行動さえ、自分のステレオタイプによって影響を受ける場合があること、ステレオタイプの活性化が、そのときの心の状態やその瞬間に自分をどうとらえているかに左右されうる
—-

@3990
実験群の人たちは、「老齢」に関する単語に影響を受けていた。プライミングされていない対照群に比べて、歩く速度がかなりゆっくりだったのだ。そしてここが重要なのだが、プライミングされた実験協力者たちは、自分の体が弱っていることを意識させられた老人などではなく、ニューヨーク大学の学部生だった。
—-

@4100
それを経験し評価するうえで、期待がどんな役割を果たすのか、ほんとうのところはわかっていない
—-

@4208
高価な薬のほうが安い薬よりよくなった気がする
—-

@4223
近年になるまで、ほとんどすべての薬はプラセボだった。
—-

@4276
慣れはまちがいなく予測を生む。ブランド、パッケージ、世話をしてくれる人の「大丈夫」ということばは、わたしたちを元気にする。
—-

@4396
成功を予期するようプライミングされたため、冊子の表紙にこの文面がなかったグループより成績がよかった。
—-

@4426
ロイヤル・タッチはほんとうに効いたのだろうか。もしロイヤル・タッチを施されてよくなった人がひとりもいなかったのなら、このようなわざはきっと 廃れたことだろう。
—-

@4463
人々の不合理性を甘やかして、医療費をあげるべきだろうか。それとも、高い薬のほうが効果が高いことは無視して、市場でいちばん安いジェネリック医薬品(や治療)を買うよう強要すべきだろうか。医薬品から最大の効果を得るには、医療費と自己負担をどう体系化すればいいのだろう。貧困層の人たちに格安の薬を提供しつつ、効果の劣る治療にしないためにはどうすればいいのだろう。
—-

@4530
プラセボ実験に協力してくれるよう頼むのはさらにむずかしいだろうが、痛みのともなう治療を、納得のいく理由もないまま、何年にもわたって多くの患者に施すことも倫理的にむずかしい。
—-

@4598
プラセボでもっとも肝心なのは自己暗示だ。
—-

@4822
記述の出どころのせいではなから疑わしいと思ってしまうため、不信の程度が高すぎて、あきらかに正しい記述を正しいと判断する能力さえ影響を受けていた(*
—-

@4841
結果、疑心がわかなければもっと楽しめたはずの体験が、はるかに色あせたものになる(
—-

@4905
環境的に、社会的に責任ある行動をとることが経済的にも益になればうれしいが、そうであることが必要だとは思わないとつけ加えた。
—-

@4952
アメリカの強盗事件の被害額は合計で五億二五〇〇万ドル、
—-

@4958
従業員による職場での盗みや詐欺は、年間およそ六〇〇〇億ドルにおよぶと推定されている。
—-

@4962
個人契約の被保険者たちは財産損失を申請するときに架空の二四〇億ドルを上乗せする。
—-

@4963
連邦政府の考える支払われるべき税金の額と、人々が実際に支払っている額には差があり、推定で毎年三五〇〇億ドルの損失になっている。
—-

@4969
腐敗した経済活動で得られる金額は、家庭を狙う標準的な泥棒などとは比べものにならないほど巨額だ。
—-

@4974
ホワイトカラー犯罪が、ほかの犯罪ほど厳しく批判されないのはなぜ
—-

@5047
チャンスがあれば、多くの正直な人がごまかしをする
—-

@5049
そして、ごまかしの程度はわずか
—-

@5054
見つかる危険があることには左右されなかった
—-

@5090
わたしたちは正直であることを大切にし、正直でありたいと思っている。問題は、わたしたちが大きな違反行為──イベント会場でペンを箱ごとごっそりもらうなど──を意図したときにしか、体内の正直監視モニターが反応してくれないことだ。
—-

@5182
十戒のうちひとつかふたつの戒めしか思いだせなかった学生も、一〇個をほぼ完璧に思いだした学生と同じくらい影響を受けたことだ。これは、十戒そのものが正直になることをうながしたわけではなく、なんらかの道徳基準に思いをめぐらすだけで十分だったことを示している。
—-

@5206
半数が人生をやり直せるなら弁護士にはならないと回答した(
—-

@5417
不正行為は、現金から一歩離れたときにやりやすくなる。
—-

@5483
現金から一歩離れたとたん、わたしたちがどれほどすばやく不正行為を正当化できるかわかっていなかった。
—-

@5599
お金とはなんと奇妙なものではないか。現金が絡むと、わたしたちは倫理規定に署名でもしたかのように、自分の行動について考えようという心持ちになる。
—-

@5609
これに対して、現金を使わない取引はなんと自由なのだろう。かならず都合のいい正当化が見つかる。職場の赤鉛筆を持ち帰ることも、冷蔵庫の缶コーラをもらっていくことも、ストックオプションの日づけを改ざんすることだってでき、どれももっともな言いわけがたつ。現金を使わない取引では、自分を不正直な人間だと思うことなく、不正直になれる。
—-

@5720
ひとりずつ順に(人前で)注文する形のほうが、ひとつのテーブルで注文されるビールの種類が多かった
—-

@5725
自分自身の意見を持っていると示すために
—-

@5730
口頭でビールを注文した人たちは、それぞれが人知れず注文したために他人の意見に左右されなかった人たちより満足度が低かった。
—-

@5768
香港の人たちの場合、先に他人が注文したものと同じ料理を選ぶ傾向が強かった。
—-

@5773
ウェイターがやってくる前に注文を決め、それを変えないことだ。まわりの人が選んだものに影響されると、いまひとつのものを選んでしまいかね
—-

@6071
不合理さには規則性があって予想することができ、だから解決策もある、
—-