My kindle library and highlights

Follow @umihico Star Issue

cover_img

Author:エリック・シュミット、ジャレッド・コーエン、櫻井 祐子

Title:第五の権力

Date:金曜日 11月 30, 2018, 72 highlights

@15
私たち1人ひとり、 80 億人全員が 新しい権力、つまり「第五の権力」を
—-

@117
インターネットは、無政府状態で何が起こるかを知るための、史上最大の実験場で
—-

@168
今のテクノロジー業界で働くことが、こんなにも面白い理由はここにある。ただ驚異的な新製品を開発、構築できるから、壮大な技術的、知的な挑戦ができるからというだけではない。こうした進歩を通して、「世の中を変えていける」という実感があるからこそ、わくわくするの
—-

@174
人は、自分の覚えたいものだけ覚えるという「選択的記憶バイアス」のせいで、新しい習慣をすばやくとり入れ、以前のやり方を忘れて
—-

@195
歴史を振り返ると、これまで新しい情報技術が開発されるたび、国王であれ、教会やエリート層であれ、従来の権力者が力を奪われ、人々が力を手に入れ
—-

@206
現在の情報通信技術は、市民の側を断然有利にするようなしくみになっているの
—-

@422
近いうちに、アメリカの一般家庭でも数台の多目的ロボットをもてるようになるだろう。
—-

@472
アマゾンのデジタルタスク分配プラットフォーム「メカニカルターク」(機械仕掛けのトルコ人の意味)を通して、インターネットに接続している人なら誰でもできる、数セント程度の小さな仕事をアウトソーシングしている。
—-

@489
完全につながった世界では、彼がしかるべき人の目にとまり、仕事や奨学金を手に入れ、大手多国籍企業にプログラムを売却できる可能性は高まる。
—-

@511
カーンアカデミーは、数千本の短い教育ビデオ(理数系中心)を制作し、オンラインで無償提供しているアメリカの非営利組織である。
—-

@515
学生のニーズに合った、モジュール方式による学習である。
—-

@561
今いる空間が「思い出を振り返る部屋」に瞬時に変身する。病気で結婚式に出られなかった祖父母のために、式の様子を目の前に再現することもできる。
—-

@642
製薬会社は、医薬品開発に関して「最大公約数的」アプローチをとってきたが、薬理遺伝学という新分野の発展とともに、事情は変わるだろう。
—-

@747
データ革命の結果として、市民は仮想空間にある「自分の情報」をほとんどコントロールできなくなり、そのことが現実世界に大きな影響を及ぼすだろう。
—-

@763
私たちが行うすべてのオンライン活動のプロフィールを集めたものが、オンラインアイデンティティとして認識される。
—-

@769
匿名でいることの真の代償は、「疎外されること」だろう。どんなに魅力的なコンテンツでも、匿名のプロフィールと紐づけされていれば、検索結果のランキングが低くなりすぎて、視界に入らなくなる。
—-

@824
現在用いられている情報通信技術は、本質的にユーザーのプライバシーを侵害するようにできている。私たちの画像やコメント、友だちリストは、検索可能な巨大なデータベースに収集される
—-

@828
理想をいえば、誰もが人生のチャンスを棒に振らないように、オンラインアイデンティティと仮想空間での生活をしっかり自覚をもって管理し、幼い頃からたえず注意を払い、念入りに築いていくべきだろう。
—-

@834
きわめて保守的な社会や、世間体が重視される社会では、「仮想名誉殺人」のようなものが行われるかもしれない(
—-

@856
親はオンラインの検索結果のランキングが、子どもの将来に及ぼす影響を考えて、名前をつけるだろう。目先の利く親なら、SNSのプロフィールをあらかじめ確保しておいたり、子どもの名前のドメイン名(たとえばwww.JohnDavidSmith.com)を購入しておくのは当然として、オンラインで見つけやすい名前やあえて見つけにくい名前をつけるだろう。
—-

@876
ブラックハットSEOと呼ばれるものである。ほかのコンテンツを妨害する(児童ポルノのような危険なサイトにリンクする)、隠しテキストを仕込む、クローキングする(スパイダーをだまして、スパイダーとサイトを訪れた人に別々のページを見せる)といった、合法性が疑わしく、公正性に欠ける手口で、
—-

@882
業界の多角化が進み、「アイデンティティマネジャー」が、株式ブローカーやファイナンシャルプランナーなどと並ぶ、あたりまえの職業になる。
—-

@944
情報公開は、「世論が支持する活動に携わる者にとってはプラスになるし、支持しない活動に携わる者にとってはマイナスになる」という。
—-

@1243
ファイルが上書きされたあとも、ハードディスク内の残留磁気から、もとのデータを復元できる場合がある。
—-

@1260
私たちの世代が、消し去ることのできない記録をもつ、「人類最初の世代」になる。
—-

@1284
ツイッターアカウントで、預言者ムハンマドに話しかけるかのような内容をつぶやいた。 「私にはあなたの好きなところも、嫌いなところもあります。理解できないところは、もっとたくさんあります」 ツイートはたちまち激しい怒りを呼び起こした(ムハンマドへの冒涜または背教と見なされた。保守的イスラムでは、どちらも重大な罪とされる)。カシュガリは6時間後にツイートを消去したが、あとの祭りだった。 すでに数千の怒りの声や殺しの脅迫が殺到し、フェイスブックでは「サウジ国民はハムザ・カシュガリの死刑を要求する」というグループまでもが結成されていた。カシュガリはマレーシアに逃れたが、3日後に本国送還され、死刑に値する冒涜罪で逮捕された。
—-

@1419
誰かの写真の背景に写り込んだだけでも、政府が顔認識ソフトでその写真に身元の割れた反政府活動家の顔を特定すれば、とばっちりを受ける。
—-

@1426
国家は、一方ではコネクティビティを通じて力を高め、市民の情報を壁に止まったハエのようにひそかに収集できるようになるが、他方ではコネクティビティによって力を奪われ、報道に対するコントロールを失うだろう。
—-

@1545
*アメリカでは「動産への不法侵害」が、仮想空間に適用された例がある。
—-

@1552
サウジアラビアなら、女性の撮影には男性保護者の同意が)必要になる。
—-

@1709
真の民主主義国は、データ革命がもたらす、プライバシーと支配力の喪失への対応に苦慮したとしても、その結果として、市民は力を手に入れ、政治家は啓蒙され、政府と国民の信頼関係が強化されるというメリットがある。だが残念ながら、世界の大多数の国が民主主義ではないか、名ばかりの民主主義だ。
—-

@1753
世界の独裁政府が、情報や統治戦略を交換し、軍備を共有していることは、よく知られている。
—-

@1795
インドで所得を申告して所得税を支払っている人は、人口の3パーセントにも満たない。
—-

@1906
政府がフィルタリングなどによってインターネットを規制すれば、グローバルであるべきインターネットが、「国ごとのネットワークの寄せ集め」と化す、という懸念が生じる。
—-

@1920
インターネットのバルカン 化」(Balkanization)、つまりインターネットの世界に、一種の国境が設けられてしまうのではないかという懸念である。
—-

@1934
世界中で絶大な人気を誇るフェイスブック、タンブラー、ツイッターといったプラットフォームのすべてが、中国では政府によって遮断されている。
—-

@1936
たとえば「法輪功」(中国で禁止された宗教団体で、国内の反体制派の一派と関連がある)などの特定の語句は、公式の検閲や広範な自己検閲のせいで、この国の仮想公共空間には存在しない。 天安門事件のような政治的にきわどい話題、中国の政治指導部にとって都合の悪い情報、チベットの人権運動とダライ・ラマ、そのほか人権や政治改革、主権に関わるコンテンツは、中国のインターネット上には見当たらない。こうしたテーマを扱う限り、西側の最も名の通った報道機関さえもが、検閲の対象になっている。 世界の最新金融・ビジネス情報を伝える『ブルームバーグニュース』は、2012年6月に、当時の国家副主席(現国家主席)だった習近平の一族の莫大な蓄財について報じたが、その直後に英語版と中国語版の両方のサイトがアクセス不能に陥った。
—-

@1951
ある推測によると、中国の当局者は 30 万人近くの「オンラインコメンテーター」なるネット工作員を雇い、上位機関である政府と共産党を称賛する書き込みをさせているという。
—-

@1970
トルコ当局は2年以上の間、ユーチューブへの国内からのアクセスを禁止していた。
—-

@2006
韓国では国家保安法によって、現実、仮想両空間で、北朝鮮への支持を公に表明することが禁じられている。
—-

@2011
ドイツにも、ホロコースト否認やネオナチ的発言を禁じる、ヘイトスピーチ(憎悪発言)に関する厳しい法律があり、政府はこうした見解を表明するドイツ国内のウェブサイトを遮断している。
—-

@2125
ワールドワイドウェブとして始まったものは、 だんだん現実世界そのものに似てくる。
—-

@2137
政府がDNSルーティングを(おそらくは容易に)操作する能力をもっていることを指し示す、小さな事件が起こっている。グーグルのウェブアドレスにアクセスしたユーザーが、中国の検索エンジンのライバル、バイドゥ(www.Baidu.com)に誘導されるという謎の事態が、これまで何度となく起こっているのだ。
—-

@2156
イランでは、2012年に外国製コンピュータセキュリティ・ソフトの輸入を禁止した)。
—-

@2260
中国の法律は、表向きは営利目的での偽造品の製造や知的財産の模倣を禁じているが、実際には当局者はこうした犯罪の刑事責任を追及しないよう指示されているため、違反者はまんまと利益を懐に収めている。そのうえ違反に対する罰金は非常に軽く、たまにしか科されないため、不法行為を抑制する効果はほとんどない。地方と国のレベルで汚職が横行しているせいで、役人はくり返される違反行為に、いきおい目をつむることになる。
—-

@2277
将来は「仮想国家」が生まれ、現実国家のオンライン空間を揺るがす可能性があると、私たちは考えている。
—-

@2404
スタクスネットの初期の変種がゼロデイを5つも悪用していたことが判明すると、セキュリティアナリストの間に衝撃が走った。
—-

@2550
冷戦(Cold War)から、コード戦争(Code War)へ
—-

@2707
コンピュータセキュリティの基本的な問題の1つに、「防御を構築するのは、それを突破するよりずっと大変だ」という事実がある。極秘情報を保護するためのプログラムには、1000万行ものコードが必要なのに、攻撃者はたった125行のコードで侵入できることも珍しくない。
—-

@2836
新しい革命運動では 「パートタイム」や「匿名」の活動家が増えるだろう。
—-

@2991
ハイパーコネクティビティの時代には、「誰も自分の足で立ち上がる気概をもたなくなる」。
—-

@3086
2011年1月 28 日未明、エジプト政府はその日遅くに抗議運動が起こることを見越して、国内のインターネット接続と携帯電話サービスをほぼ全面的に遮断した。
—-

@3634
ウィキリークスへのサーバー提供を停止したアマゾンや、ウィキリークス宛ての寄付金の決済処理を停止したマスターカードとペイパルなどを筆頭に、多くのウェブサイトがサイバー攻撃を受け、アクセス不能に陥った。
—-

@3796
皮肉なことに、諜報員が彼の連絡係の行動から、隠れ家の大まかな位置を割り出した際、そこを特定する決め手となったのは、都会の大邸宅なのにインターネットの通信回線が敷かれていなかったことだった。
—-

@3998
現在世界の総人口の 52 パーセントが 30 歳未満と推定され、その大多数がいわゆる「社会経済的にリスクを負った」人たちだ。
—-

@4038
最強の反過激化戦略とは、若者が行き場をなくして過激主義に走らないよう、新しい仮想空間を利用して、充実した選択肢と気晴らしを与える戦略だ。
—-

@4141
中国の積極的な検閲手法に倣って、検閲ソフトが禁止用語を検知すると自動的に接続を切断するような仕組み
—-

@4194
マイノリティ集団を対象とした電子的隔離政策は、今後あたりまえになるだろう。
—-

@4333
メッシュネットワーク(簡単にいえば、すべての端末がルータとして機能し、中央ハブなしに多数のアクセスポイント間でデータ転送を行う無線ネットワーク)
—-

@4339
イラン政府はパラボラアンテナを禁止した
—-

@4530
戦争が最終的に完全に自動化されたとき、人間社会の進む道がどのように変わるかを、正しく予測することはできない。
—-

@4748
現在の遠隔戦争は、過去のどの時期よりも頻繁に起こっていて、今後も紛争の重要な特徴になるだろう。
—-

@5017
デジタル 新興財閥」
—-

@5035
将来は誰もがこのような経験をし、個人として受け継いだ伝統や事業機会、そして純粋な好奇心からも、さまざまな地域に関心をもつようになり、「より グローカル な」存在になるだろうという。
—-

@5100
技術は所有権の保護にも役立つ。 現物資産の記録をクラウドに保存しておけば、社会が安定をとり戻し次第、資産の返還要求を行うことができる。海外投資家は、資産の安全性や所有権が確保されないような地域には資金を投じないため、所有権の保護は急務になる。
—-

@5111
将来は個人情報のバックアップをとるだけでなく、「政府のバックアップ」までとれるようになるだろう。
—-

@5193
金銭的利益を求めない人でさえ、人助けのためだけに参加するとは限らない。危機後の国は、創設まもないNGOにとってはうってつけの実験場となるし、既存の非営利組織にとっては、篤志家に価値をアピールする格好の場となる。
—-

@5294
高度なマーケティング能力を駆使して、彼に(または彼のプロフィールに)直接売り込みをかけられる団体が有利になる。 伝統的なNGOが、新興団体によって締め出されるリスクが、現実味を帯びている。
—-

@5484
今あるRFIDチップは、電子レンジで加熱すれば簡単に無効化
—-

@5662
人類が文明の夜明けから2003年までにつくりあげたデジタルコンテンツと同じだけの情報量を、私たちは2日ごとに生み出して
—-

@5807
北朝鮮では、市民が厳罰のリスクを冒してまでも、密輸品の携帯電話やタブレットを手に入れ、電波信号をとらえるために、危険を顧みずに中国との国境へ出向いていた。捕まった場合の罰(強制労働収容所への収監、場合によっては死刑)は、本人だけでなく、1族3代にわたって科せられることもあった。
—-

@5947
一例として、グーグルが、自社のサーバにアクセスできる「バックドア」(正規の手続きを踏まずにサーバに侵入できる裏口)を、政府に提供しているという報道があったが、これはまったくの誤りである。
—-