My kindle library and highlights

Follow @umihico Star Issue

cover_img

Author:ダン アリエリー、櫻井 祐子

Title:ずる 嘘とごまかしの行動経済学

Date:木曜日 8月 9, 2018, 54 highlights

@84
シンプルな合理的犯罪
—-

@315
見つかる確率がわたしたちが思っているほどの影響をおよぼさ
—-

@328
わたしたちは「そこそこ正直な人間」という自己イメージを保てる水準まで、ごまかしをするの
—-

@388
不正の水準が、不正によって得られる金額にそれほど左右され
—-

@395
わたしたちは一方では、自分を正直で立派な人物だと思いたい。鏡に映った自分の姿を見て、自分に満足したい(心理学者はこれを自我動機と呼ぶ)。だがその一方では、ごまかしから利益を得て、できるだけ得をし
—-

@398
では、ごまかしから利益を確実に得ながら、自分を正直ですばらしい人物だと思い続けるには、いったいどうすればいいのだろ
—-

@424
わたしたち一人ひとりが、絶対的に「罪深く」ならない程度にごまかしをする、自分なりの限界を定めているの
—-

@457
自宅のプリンターで使う用紙を職場からもって帰ることはしても、職場の小口現金用の現金箱から三ドル五〇セントくすねることはまず
—-

@472
現金から小さく一歩離れただけで、これほどまでにごまかしが増え
—-

@526
ホワイトカラー犯罪者は、ポータブルナビ泥棒とは違って、自分のことを実に道徳的な人物だと思っているのではないだろう
—-

@575
人に自分の倫理基準を思い出させるものを与えれば、ごまかしをしようとする意欲と傾向を弱め
—-

@679
人は何かの誓約書に署名すると(少なくとも短期的には)より正直な気分に
—-

@1064
恩義を受けると、その人(組織)と関係のあるものを何でも偏愛するように
—-

@1124
自分の口から出る言葉を何であれ、いともすばやく簡単に信じるようになることを、心理学の研究は示している。しかも、その意見を表明したそもそもの理由(医師のケースで言えば、報酬を支払われたこと)が意味を失ったあとも、ずっと信じ
—-

@1156
巨額のボーナスのせいで、自分の現実認識が曇っていることには気がつかない。それどころか、モーゲージ証券がこのうえなく安全だと信じたい気もちが高じて、本心からそう思うように
—-

@1165
本物の現金を動かしているわけではない。現金から何歩も離れた数字をいじっているだけだ。数字は抽象的だから、それをいじるのはまるでゲームのように感じられ、人々の家庭や暮らし、年金口座などに実際に影響をおよぼすようには思え
—-

@1206
人が自分の意見に対して報酬を受けるとき、はたして客観的でいられるのだろうかと、疑問に思うようになっ
—-

@1249
開示は利益相反を必ずしもうまく解消しないことがわかっている。むしろ開示が事態をかえって悪くすることさえあるの
—-

@1290
わたしたちみんなと同じで、助言者の利益相反がこれほどまでに大きく強い影響をおよぼすことを、十分認識していなかったの
—-

@1462
消耗によって算数の基礎力は衰えなかった。
—-

@1466
消耗を招くものであればあるほど、協力者はごまかしを増やしたことに
—-

@1661
対外シグナリングとは簡単に言うと、わたしたちが身につけるものをとおして、自分が何者であるかを他人に知らせる
—-

@1699
自己シグナリングとは簡単に言うと、人は自分で思っているほどには、自分のことをはっきりわかっていないことが多いという考え
—-

@1702
自分の行動から、自分の人となりや好みを推し量っているの
—-

@1705
行動自体が、あなたの人となりや道徳観、性格などをきめるわけではないが、あなたは自分の行ないを、自分が思いやりのある寛大な性格のもち主である証拠として解釈
—-

@1710
わたしたちはにせものを身につけると、自分がまっとうな人間でなくなったように
—-

@1763
正規ラベルを身につけても、ふだんより正直な行動を(少なくとも大幅には)促されなかったことがわかる。だがにせものをそれと知りつつ身につけると、道徳的な抑制力がいくぶん弱まり、その結果不正の道に歩を進めやすくなるの
—-

@1823
いったん自分の規範を破る(ダイエットでずるをしたり、金銭的報酬を得るためにごまかしをする)ようになると、自分の行動を抑えようという努力をずっと放棄しやすく
—-

@1871
人は偽造製品のせいで自分自身が不正直な行動をとるようになるだけでなく、他人のこともあまり正直でないと見なすように
—-

@1881
わたしたちはみな、自分の利己的な動機に合わせて行動を正当化するのがとても
—-

@1910
最初のたった一つのごまかしが、自分の全体的な不正直さの水準が高まったという自己シグナリングを発し、重役はそれをもとにつじつま合わせ係数を大きくして、さらなる詐欺行為を行なうかもしれ
—-

@2109
最初から正しい答えがわかっていたと思いたがる人間の
—-

@2135
疑問なのは、人によって、自分の噓をとくに信じやすい人がいるのかどう
—-

@2168
噓を公然とつけば、記録として残された噓が、虚偽の業績を「呼び起こす」業績のマーカー(目印)となって、虚構を人生の一部にしっかりくみこんでしまうのではないだろう
—-

@2186
よくやった仕事」を思い出させるものがあると、その仕事を実際にどれだけよくやったかとは関係なく、自分の業績がすべて自分の手柄だと信じやすくなるよう
—-

@2240
自分がどんな方法でごまかしをしているかをはっきりと自覚させられると、業績を不当に自分の手柄にするのが難しくなるよう
—-

@2316
わたしたちは、自分がいましていることをなぜしているのか、選んだものをなぜ選んだのか、感じていることをなぜ感じているのかを、必ずしも正確に理解しているわけでは
—-

@2318
本当の動機がよくわからなくても、自分の行動、決定、感情を説明する、もっともらしい理由をこしらえずにはいられないの
—-

@2332
わたしたちは自分の行動や、身の周りの世界がどのようなしくみになっているかについて、説明を必要と
—-

@2334
わたしたちは生まれながらに物語る動物であり、自分が納得し、信じられる程度にもっともらしい説明を考えつくまで、次から次へと物語を
—-

@2362
むしろ、自分はこういうものがほしいという直感がまずあって、それに自分の判断基準を合わせることを、頭をフル回転させてありとあらゆる方法で正当化
—-

@2440
創造的な人ほど、自分の利己的な利益を正当化する、もっともらしい物語を考え出せるの
—-

@2494
創造性の高い人たちは不正をする度合いも高かった。だが知能と不正の間には、何の相関性もなかっ
—-

@2532
わたしたちは感情を傷つけられると、自分の道徳規範をいくらでもつくり替えて
—-

@2674
技術の可能性と影響、限界が広く理解されるようになってからだと
—-

@2761
友人を誘う行為が、自分の疑わしいふるまいを正当化するのに役立つのではないかと考えるようになっ
—-

@3142
チームに対する思いやりから、自分の不品行の度合いを高めるかもしれないということ
—-

@3216
人には一般にごまかしをする傾向があり、相手が自分のごまかしから利益を得るときにはその傾向がさらに
—-

@3217
みっちり監視されることで、ごまかしは完全に排除され
—-

@3231
協力者が交流を図る機会を与えられてから監視し合うような状況に置かれると、利他的なごまかしが監視効果を圧倒
—-

@3262
歯科医は患者と気安くなればなるほど、自分の経済的利益になるような処置を勧めることがますます多くなる。その一方で、長期の患者は、長年育んできた信頼関係をもとに、歯科医の助言をますます受け入れやすく
—-

@3280
利益を得るのが他人だけだと、自分の問題行動を純粋に利他的なものとして正当化しやすくなり、結果的に自分の道徳的束縛をいっそう緩めてしまうの
—-

@3547
自分を鞭打つ痛みを通じた浄化が、わたしたちが罪悪感に対処する基本的な方法をうまく活用しているのかもしれないことを、実験の結果は示唆
—-

@3562
新しい責任を担わせることで、メイドに正直レベルをリセットするきっかけを与え
—-