My kindle library and highlights

Follow @umihico Star Issue

cover_img

Author:ティナ・シーリグ、高遠 裕子、三ツ松 新

Title:20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

Date:水曜日 7月 15, 2015, 58 highlights

@98
決まった額を請求したときよりも、「無料でサービスするのでお気持ちをください」、と言ったときの方が、実入りがはるかに多かったのです。
—-

@100
途中で軌道修正したことが功を奏しました。客の反応を見て対応を微妙に変えたことで、作戦が見事にツボにはまったのです。
—-

@161
問題が大きければ大きいほど、チャンスも大きい。大して問題でないものを解決しても、誰もカネを払ってはくれない*4」
—-

@230
要するに、社会は、学校とは似ても似つかない場所なのです。たったひとつの正解を選べば、ご褒美がもらえるわけではありません。
—-

@269
起業家とは、たえず大きな問題にぶつかり、その都度、それを解決するための独創的な方法を見つけ出す人間
—-

@344
現場にいる人ほど、日常的に問題にぶつかっているので、その状態に慣れ切ってしまい、問題に気づきもしないし、まして、それを解決する独創的な方法など思いつかない、ということです。
—-

@367
ニーズを掘り起こすのに必要なのは、世の中のギャップを見つけ、それを埋めることです。
—-

@398
つぎに、いま挙げた特徴を逆にしてもらい
—-

@406
大事なのは、時間をかけて、常識だと思われていることを洗いざらい挙げていくことです。
—-

@462
最初から金儲けを目当てに事業を立ち上げると、おそらくカネも儲からないし、意義を見つけることもできないでしょう。大きな問題を、これまでにない方法で解決して使命を果たすことを目標に掲げれば、最初から金儲けを目指すよりも、儲かる可能性はずっと高いのです。
—-

@513
自分がどんな人間かを説明するとき、人は職業や所得、住んでいる場所や持っている車、卒業した大学について語ります。誕生日の星座を持ち出すこともあります。どの属性にも決まったイメージがあるため、自分が何者で、何ができるのかについて、型通りの考え方しかできなくなります。
—-

@524
小さな目標を決めるよりも、大きな目標を掲げた方が楽なことが多い、とペイジは指摘します。小さな目標の場合、達成する方法は限られています。それをはみ出るとうまくいきません。これに対して、大きな目標であれば、時間や労力をかけるし、達成する方法も多いからです。
—-

@533
あなたはどうかしている」と人から言われたら、いい線を行っている証拠だと考えます。
—-

@666
大胆なアイデアを思いつくのにお金がかかるわけではないし、責任を取る必要もありません。わたしたちが無意識に課してきたルールを破ればいいのです。
—-

@721
火急の問題があり、突貫工事が必要なとき、トリシアらズーン・チームのように、官僚制を打ち破らなくてはなりません。じつは現在、多くの企業が「スカンク・ワークス」プロジェクトを立ち上げています。通常の業務とは切り離して、特別チームを編成し、ルールを破ることを認め、自由な発想や働き方を認めているのです。
—-

@731
脇道に入ることによって、ルールを迂回し、通常のハードルを飛び越え、目標に到達できる独創的な方法があることを覚えておいてください。
—-

@735
ルールは疑ってみる価値はあります。
—-

@742
すべきことをあれこれ挙げていくよりも、絶対にしてはいけないことを知っておく方がいい、
—-

@776
家の台所で料理をつくるときも、自分のキャリアを考えるうえでも、「かくあるべし」というルールを破ってもいいのです。ルールがあれば安心ですが、それが足枷になることもまた多いのです。
—-

@785
通常の道は、選択肢のひとつに過ぎない
—-

@826
人間は二つのタイプに分かれることがわかってきました。自分のやりたいことを誰かに許可されるのを待っている人たちと、自分自身で許可する人たちです。
—-

@844
通りの向こうでチャンスが見つかることもある、ということです。顔をあげて、通りの向こうを見さえすればいいのです。
—-

@865
新しい分野に移る場合、それまでに身につけたスキルを活かす方法を見極めるのが最善の方法のひとつだと言えます。元々そこにいる人たちは、ほかの分野との共通点になかなか気づかないものです。それをあきらかにすることが必要になります。
—-

@908
じつはマイケルが身近に眠れる資源に目をつけたのは、これが初めてではありません。子どもの頃から、有名人に手紙を書いては、返事をもらうのが何より楽しみでした。たいてい返事が来ました。いまでもこの趣味を続け、自分が尊敬する人たちに電子メールを送っています。ほぼ百パーセント、返信が返ってくるそうです。長い付き合いになることもしばしばで、そのなかから面白いチャンスに恵まれたりもします。マイケルが自分から相手に何かを求めるようなことはありません。最初は、相手の行為に対する御礼であったり、業績を褒め称えたり、単純に質問したりするだけです。場合によって、自分がお役に立てることはないだろうかと申し出ることもあります。人と接するのに、声をかけられるのを待ったりしません。自分から動くのです。
—-

@915
デブラ・ダンやマイケル・ディアリングのように、自分の持つスキルの幅を積極的に広げ、リスクを取って新しいことに挑戦する人の方が、自分のスキルや潜在能力はこれだと決めつけ、決まった役割に徹する人たちにくらべて成功する可能性がはるかに高いことは、数多くの調査で示されています。
—-

@918
自分が得意なことはこれだと決めてかかるタイプの人は、得意なことを増やし、成長していこうという人にくらべて、長い目で見て成功する確率がかなり低くなることをあきらかにしています。
—-

@973
成功を阻む最大の壁は、自己規制だということです。デビッドはこんな風に言っています。「並はずれた業績を達成した人々の最大の味方は、ほかの人たちの怠慢である」
—-

@1014
リーダーになろうと思ったら、リーダーとしての役割を引き受けることです。ただ自分に許可を与えればいいのです。組織のなかに穴がないか探す。自分が欲しいものを求める。自分のスキルと経験を活かせる方法を見つける。いち早く動こうとする。過去の実績を乗り越える。チャンスはつねにあり、見つけられるのを待っています。誰かに声をかけられるのを待ちながら、慎重に様子を見るのではなく、チャンスはつかみに行くのです。がむしゃらに働かなければならないし、エネルギーも使います。意欲も必要です。でも、これこそがリーダーをリーダーたらしめている資質であり、指示待ちの一般人とは違っているところなのです。
—-

@1081
一度も挫折したことのない人を見ると、経験から何かを学べたのだろうかと不思議に
—-

@1085
子どもに対して、何ごとも最初から完璧にできるなどとは期待しません。だとすれば、高度な仕事に挑戦しようという大人に対して、最初から正しくできるはずだと期待するのはおかしいのではないでしょうか。
—-

@1133
何かを決める際には、過去にどれだけコストをかけたかを考えに入れるべきではない──たいていの人は、この原則を知っている。だが「投資しすぎて、引くに引けない症候群」はかなり強力だ。何年にもわたって努力や苦労を重ねてくると、つい正当化したくなり、自分自身にも周りにも「これにはなにか価値や意味があるはずだ」とか「だからここまで賭けたのだ」と言ってしまう。
—-

@1141
わたしたちは、途中でやめるのは、自分が弱い証拠だと教えられています。現実は、その逆である場合が多いのですが。やめることが、もっとも勇気ある選択の場合もあります。自分の失敗に向き合い、それを公にしなくてはならないのですから。やめることの最大の利点は、まっさらな状態からやり直せることです。そして、何が起きたのかを時間をかけて分析するなら、やめたことが貴重な経験になって学ぶことができます。
—-

@1183
丸太に油を注いだら、濡れた丸太にしかならないが、炎に油を注いだら大火事になる*7」。つまり、自分がエネルギーを注いでいるものが、それに見合った成果が出そうかどうかを見極めることが大事なのです。
—-

@1411
自分ひとりで何もかも見極める必要はありません。最善の選択をするには、スタンレーのように、身の回りで得られるデータはすべて集めるべきです。そして、先人の知恵に学ぶことです。何か選択するときに必要なのは、身の回りに、数千と言わずとも数百のお手本を探すことだと言えるでしょう。
—-

@1451
生きることの達人は、仕事と遊び、労働と余暇、心と体、教育と娯楽、愛と宗教の区別をつけない。何をやるにしろ、その道で卓越していることを目指す。仕事か遊びかは周りが決めてくれる。当人にとっては、つねに仕事であり遊びでもあるのだ。
—-

@1472
たいていの人は、もっと前に人生計画を立てるよう促されています。大人は子どもに向かって、「大きくなったら何になりたいの?」としょっちゅう尋ねます。そのことで子どもは、さまざまな機会にふれないうちに、進路を決めなくてはいけないという気になります。少なくとも頭のなかでは。
—-

@1544
身近な人たちは、キャリア・パスを決めたら、そこから外れないよう期待するものです。照準を定めたら、あくまでそれを追い求める「うちっ放し」のミサイルであるよう求めるのです。でも、物事はそんな風にはいきません。何度も進路を変えた末、ようやく自分の能力と興味に合致するものに出会える場合がほとんどです。
—-

@1560
最高の科学者は、データが予想した結果と違ったからといって捨てるのではなく、異常値として書き留めます。ここから突破口が開けるのだと知っているからです。
—-

@1578
自分のキャリアは、フロントガラスではなくバックミラーで見ると辻褄が合って
—-

@1653
振り返ってみると、キャリアを築くうえでもっと早くに知っておきたかったことは、わたしが受けた昔ながらのアドバイスとは逆であったことに気づきます。そのなかで、いちばん大切なことは何でしょうか? 仕事だとは思わずに取り組める役割を、社会のなかに見つけることだと思います。スキルと情熱と市場が重なる場所を見極められたとき、その役割は見つかります。それは、やりがいがあるというだけではなく、前向きに情熱を傾けられ、人生を奪うのではなく人生を豊かにしてくれるの
—-

@1738
イギリスのハートフォードシャー大学のリチャード・ワイズマンは、幸運について研究し、「運のいい人たち」には、一般の人よりも幸運を呼び込みやすい共通の資質があることを発見しました。第一に、目の前に転がってきたチャンスを活かします。自動運転で気楽に行くのではなく、周囲で起きることにたえず注意を払うことで、そのときどきの状況を最大限に活かせるのです。こうした人たちは、コミュニティのイベント情報に詳しく、近所に誰かが越してくればいち早く気がつきます。同僚が困っていて助けを必要としているのに気づくのもこういう人たちです。運のいい人たちは、未知のチャンスを歓迎し、経験のないことにも積極的に挑戦します。よく知らないジャンルの本を積極的に読み、あまり知られていない場所を旅し、自分とは違うタイプの人たちとつきあおうとします。
—-

@1751
よき観察者であり、開かれた心を持ち、人あたりがよく、楽観的な人は、幸運を呼び込みます。
—-

@1933
目標を絞り、ひたむきに努力すれば、幸運が舞い込む確率は上げられます。しかしながら、努力以外にも使えるツールはたくさんあります。訪れた機会を歓迎する、チャンスが舞いこんだら最大限に活かす、身の回りの出来事に目を凝らす、できるだけ多くの人たちとつきあう、そして、そのつきあいをできるだけいい方向で活かす。自分自身で運を呼び込むとは、悪い状況を好転させ、いい状況はさらに良くすることなのです。幸運に恵まれる確率は大幅に高めることができます。そのためには、できるだけ幅広い経験をし、その経験を独自の方法で結びつけること。そして、恐れることなく、自分の人生を演じたいステージに上がろうとすることです。
—-

@1948
あなたのために何かしてくれた人に対して感謝の気持ちを示すかどうかで、あなたの印象は大きく変わります。あなたのために何かをしてくれたということは、機会費用がかかっているという事実を忘れてはいけません。
—-

@1976
評判ほど大事な資産はありません。
—-

@2010
判断に迷ったときは、将来そのときのことをどう話したいのかを考えればいいのだと気づきました。将来、胸を張って話せるように、いま物語を紡ぐのです。
—-

@2061
交渉を成功させるカギは、全員にとって最大限に有利な結果を引き出せるように、全員の利害を探り出すことです。とはいえ、これは言うが易しで、実際にはなかなかそうできません。というのは、交渉で有利になると思って、自分の利害をあきらかにしない人が多いからです。しかしながら、この作戦は誤りです。実際には、こちらが望むことが、交渉相手が望むことと一致しているかもしれないからです。
—-

@2114
異なるプレーヤーの利害をあきらかにしたとき、双方の最終目標に交差する部分がないなら、交渉を打ち切るのが最善の選択になります。にもかかわらず、大半の学生は、双方にとって最適とは言えなくても、どうにか取引を成立させます。交渉は決裂するよりも、ともかく妥協して成立させた方がいいという間違った思いこみをしている人が多いのです。当然ながら、いつでも交渉を成立させた方がいいわけではありません。交渉のテーブルを離れることを、つねに念頭においておくべきです。
—-

@2118
席を立つべきかどうかを決めるには、ほかの選択肢を知ることです。そうすれば目の前の取引とくらべることができます。交渉学ではこれを、BATNA(不調時対策案) といいます*
—-

@2160
残念ながら、わたしたちは誰かの負けと引き換えに自分が勝つ状況に慣れ過ぎているので、人助けの習慣を身につけるのは並大抵のことではありません。
—-

@2186
職を探すときは、自分が応募している職が自分に合っているかを見極めることが大切です。つまり、あなたは的にふさわしい矢なのでしょうか? わたしたちは、職を手に入れることにばかり目がいき、その仕事が自分の能力や興味に合っているか、もっと重要な点として、職場の同僚とうまくやっていけるかどうかを疎かにしがちです。これを見極める方法のひとつは、仕事以外の話題について話してみることです。そのために、履歴書のいちばん下に、自分の趣味や興味を書くといいでしょう。これは、手っ取り早く面接担当者に関心をもってもらい、共通の趣味を見つける方法です。
—-

@2222
アメリカ海兵隊をはじめ軍隊では、一般原則として「三つのルール」を活用しています。長年、試行錯誤を繰り返した末に、大多数の人間が遂行できるのは一度に三つまでであることを発見しました。その結果、軍事システム全体がこの点を反映するよう設計されているのです。中隊長は三人の小隊長を束ね、小隊長は三人の分隊長を束ね、分隊長は三人の班長を束ねます。陸軍では「四つのルール」を試しましたが、効率は目に見えて落ちたそうです。
—-

@2245
要約しましょう。ほんの少しの心がけで、自分でつくりがちな障害や落とし穴を簡単に避けられるようになります。最善の方法のひとつは、自分を助けてくれる人に対して、つねに感謝の気持ちを表すことです。引き出しには買いだめした「サンキュー・カード」を入れておき、こまめにカードを送りましょう。世間は狭く、おなじ人に何度も会う機会があることもお忘れなく。あなたの評判を守り、高めてください。それは最大の資産であり、しっかり守るべきものなのだ
—-

@2270
学生たちは、潜在能力を最大限に発揮し、場外ホームランを打ち、聡明さを輝かせてもいいという許可を渇望しているのです。残念ながら、たいていの状況ではこうしたことは起こりません。わたしたちは、「最低限の条件を満たす」よう促されてい
—-

@2277
見返りに何を得るかが正確にわかっていれば、最低基準を満たすのは簡単です。でも、こうした限度を外したときにこそ、目を瞠るようなすばらしいことが起きるの
—-

@2313
人生にリハーサルはない、最高の仕事をするチャンスは一度
—-

@2335
社会的に許される言い訳はできますが、本気でそうする気があるなら、実現する方法をひねり出しているはず
—-

@2380
偉業を成し遂げた人たちは、競争好きだと思われがちです。他人を犠牲にしたからこそ、目標を達成できたと思っている人が多いのです。でも、実際は違います。競争が好きなのと、目標達成の意欲が強いのとでは、大きな違いがあります。競争好きとは、ゼロサム・ゲームのなかで誰かの犠牲と引き換えに成功することを意味し
—-