My kindle library and highlights

Follow @umihico Star Issue

cover_img

Author:池上 彰

Title:知らないと恥をかく世界の大問題3 (角川SSC新書)

Date:水曜日 7月 15, 2015, 63 highlights

@25
中東アラブ諸国の独裁政権が次々に崩壊する「アラブの春」は、さながら「ベルリンの壁」崩壊の中東版のよう
—-

@162
2003年3月、当時のアメリカのジョージ・W・ブッシュ大統領は、イラクのフセイン大統領が大量破壊兵器(核兵器や毒ガス兵器など)を密かに開発し、それが国際テロ組織のアルカイダに渡る危険性があるとしてイラク攻撃に踏み切っ
—-

@190
クルド人とは、 世界最大の「祖国を持たない
—-

@271
今回の津波で、世界一の防波堤はあっけなく壊れてしまいました。なにしろ時速1000 km の高速で飛んでいるジェット機250機がぶつかったくらいの運動
—-

@283
地震や津波が起きれば、世界の常識でいえば間違いなく「略奪」や「暴動」が起き
—-

@355
北朝鮮は、すっかり「人民元経済圏」に組み込まれていまし
—-

@425
委任統治とは、国際連盟によって委任された国が、独立国家ではない地域を統治する仕組み
—-

@437
軍部が強引にトップに立つと、いつ自分たちも裏切られるかと心配になる。そうなると他人を信用できないので独裁政権となるの
—-

@463
独裁者のムバラクやベンアリがいなくなると、これまで政治活動をすることが一切認められていなかったイスラム原理主義者=反米勢力や、アルカイダのようなテロを容認するような団体も自由な活動ができるようになり
—-

@466
民主主義を進めると、過激な思想を持つ勢力が伸張 する。これが「 民主主義の
—-

@477
民主化運動を通じ、各国でイスラム勢力が
—-

@484
イスラエルに住んでいる国民の多くは、ユダヤ教を信じるユダヤ人
—-

@485
パレスチナ自治区」に住んでいるのは、イスラム教を信じるアラブ人
—-

@504
ユダヤ教徒とキリスト教徒が信じている神と同じ なの
—-

@505
三つの宗教のそれぞれの「聖地」が、イスラエルのエルサレムに存在 し
—-

@511
紛争のきっかけは、イギリスの三枚舌外交
—-

@763
中国はこのところ日常生活に欠かせない食料品、水道、電気、ガスなどの物価が急騰し、 インフレが深刻化しています。
—-

@765
いまの中国は、放っておくとインフレがどんどん進んでしまう構造になっています。その理由は、国の通貨である 人民元の為替相場を「管理変動相場制」でコントロールしているから
—-

@777
中国は、元が高くならないように、人民元を無制限に発行しています。「いくらでもその値段で替えてあげます」と、持っていったドルの分だけ人民元に替えてくれます。つまり、その分だけ余計に人民元紙幣を刷っているのです。こうなれば、国内に人民元があふれ、インフレになってしまいます。
—-

@784
アメリカですら中国に率直にモノを言えなくなっているからです。それには、理由があります。
—-

@786
中国はアメリカ国債の保有額で世界一(日本は2位)。「中国に対して文句を言うなら、アメリカ国債を買わないよ。持っているものも売ってしまうよ」と言えるのです。実際にはそんなことはしませんが、中国はアメリカの弱みを握っているのです。
—-

@808
中国ではかつて「天安門事件」という民主化運動が弾圧されて以来、「中国の冬」が続いている のです。
—-

@814
人民解放軍は国家の軍隊ではなく、共産党の軍隊 です。人民解放軍は政府の指示を受けるのではなく、共産党の指示・命令に従って動きます。
—-

@860
プーチンのおかげというよりは、正確には「資源のおかげ」
—-

@866
プーチンは「ユーラシア連合」構想を打ち出しました。旧ソビエト圏内でEU(欧州連合)のような経済統合を進めようというものです。 旧ソ連の再建は無理なので、「ミニソ連」をつくろうとしている のですね。
—-

@872
もしプーチンが本当の実力者で、日本との関係をよくするために北方領土問題を解決しなければならないと考えれば、誰が何と言おうと、日本に妥協することができるのです。
—-

@887
アメリカでは上位1%の富裕層に、アメリカ全体の富の 40%が集中しています。この 20 年間で富の集中が急速に進んだ のです。ウォール街で抗議行動を繰り広げた人たちは、口々に「We are the 99%」と叫んでいました。つまり、「われわれは1%の富裕層に支配されている 99%の圧倒的多数だ」というわけです。抗議の矛先は金融システムに向いています。
—-

@893
反格差デモの裏には、「第2のサブプライム危機を招く」ともいわれる学資ローンの貸し出しがある といいます。アメリカでは、学生本人がお金を借りて大学へ行くのが当たり前。就職してからローンを返していくのが一般的です。しかし仕事に就けない若者が多く、卒業してもローンを返済できない人が大勢いる
—-

@897
学資ローンの残高はここ 12 年で7倍に増えたとか。
—-

@910
今回 ウォール街で抗議活動をした人たちは、いってみれば「大きな政府」を掲げるオバマ民主党の味方のはず です。
—-

@920
雇用創出法案」です。「富裕層への増税を財源として、 34 兆円規模の雇用対策を実施する」と打ち出しました。
—-

@923
アメリカがTPPに参加するのは、アメリカの輸出を増やし、アメリカの雇用を増やすため」とオバマ自身が国内向けに演説しています。
—-

@927
アメリカは2大政党制の国。 労働者などが支持基盤の「民主党」(大きな政府を目指す)と、企業経営者などが支持基盤の「共和党」(小さな政府を目指す) があります。
—-

@952
アメリカは、 建国直後に決めた方法を、いまも守り続けているのです。民主主義の原点を見る思いがしました。
—-

@971
過去の大統領選挙で、失業率が7%を超えていたときに再選したのはレーガンのみ。失業率のデータだけを見ると、オバマの再選見通しには赤信号が点灯しますが、その一方で、共和党にも強力な候補がいないのが現状です。
—-

@975
過去には、カトリック教徒だったケネディ以外は、みんなプロテスタントでした。アメリカは、もともとヨーロッパで迫害を受けてきたプロテスタントが、新天地を求めて海を渡って建国した国。つまり プロテスタントがつくった国 なのです。
—-

@1001
アメリカでは、政府が無制限に借金を大きくしないために、政府債務残高の上限が法律で決められています。
—-

@1003
この騒動の際、格付け会社の「スタンダード・アンド・プアーズ」(S&P)が、アメリカの国債の格付けを下げました。アメリカの国債は、史上初めて最高ランクの「AAA」(トリプルA)から「AA+」(ダブルAプラス)に下がったのです。
—-

@1024
「質への逃避」という現象 です。
—-

@1031
ギリシャは2年遅れでユーロの通貨統合に加わりました。財政赤字をGDP(国内総生産)の3%以内に抑え込んで加盟基準を達成したからですが、この数値が「粉飾」でした。どうしても ユーロの仲間入りがしたくてウソをついていた のです。
—-

@1040
ギリシャの場合、国民がきちんと税金を払うようになれば単年度の赤字は解消されるといわれています。
—-

@1042
ギリシャは、国民1人当たりのポルシェの所有率がヨーロッパ1位だそうです。ドイツにとってはお得意さま。何とも皮肉な話です。
—-

@1048
一方で、ヨーロッパの銀行は、ギリシャやイタリアなどの国債を大量に持っています。これらが暴落すると、銀行は巨額の含み損を抱えることになります。
—-

@1071
ユーロの場合は金融政策と財政政策を同時に行うことができません。 それが今回の危機のいちばんの原因です。
—-

@1075
となると、自分の国でできる財政政策に頼ることになり、赤字をどんどん増やしても景気をよくするしかありません。結果、ギリシャのように大混乱になるのです。
—-

@1089
自分が政治家である間はとりあえずこのままでいこうと先送りされてきたのが、いまの日本 なのです。
—-

@1145
GHQの下で、「戦争放棄」「武力を持たない」という日本国憲法ができました。この憲法に不満を持っている自民党の中の右派勢力は、独自の憲法を作ろうとしていました。
—-

@1147
一方、社会党は「いまの憲法はいいものだ」と考えます。国会の中で3分の1の勢力を維持すれば憲法改正を阻止することができます。
—-

@1151
日本が民主主義国家として成熟するためには、何度も政権交代を繰り返さなければならないはずが、 社会党は政権交代をする必要がなかった のです。平和憲法さえ守れればいいから、国会の中で過半数を取る意欲がない。3分の1を確保していればいい。これが2大政党といわれつつ、 55 年体制が長く続いた理由です。
—-

@1192
消費税率を引き上げようとする試みは、「社会保障と税の一体改革」と呼ばれます。名前だけ聞けば、聞こえがいいのですが、わかりやすくいえば「社会保障費が足りなくなったから消費税率を引き上げます」ということ です。
—-

@1214
専門家の試算によると、現状を維持するためには消費税率は 17%にしなければ不可能だといいます。さらに年金を安定させるには 20 ~ 25%にする必要が出てきます。
—-

@1222
それなのに日本の格付けが、どうしてギリシャやイタリアのレベルまで下がらないのかというと、 消費税率を上げるゆとりがまだあるから です。
—-

@1240
2011年 11 月下旬、ヒヤッとする出来事がありました。ヨーロッパ各国の国債の金利が一気に上昇したとき、日本国債も一時、金利が跳ね上がったのです。
—-

@1279
オバマ大統領は「2014年までの5年間で輸出を倍増させたい」と明言しました。
—-

@1353
政令指定都市」と「府県」の関係はどこも似たようなものなのです。これを府と市の「 府市合わせ(不幸せ)」などといいます。
—-

@1372
イスラム金融に基づく銀行では、日本や欧米などの銀行と違って利息が付きません。
—-

@1383
イスラム金融では必ず実物が一緒に動きます。必ずモノ(商品)の動きが伴う。 だからバブルが発生することがありません。
—-

@1390
日本の銀行も、そもそもは「この会社は発展するかどうか」と見極めてお金を貸していたはずなのが、いつしか「担保があれば貸そう」となってしまいました。
—-

@1401
イスラム圏の発展の背景にあるのは、オイルマネーだけではありません。人口爆発です。
—-

@1445
ミャンマーは天然資源が豊富で、「東南アジア最後のフロンティア」
—-

@1492
私なりの「その国が発展するかどうかの見方」は、大きな書店があるかどうか、そこに若者が大勢いるかどうか
—-

@1611
アメリカは輸入資源への依存から脱却し、天然ガスと石油の双方で、世界最大級の産出国
—-

@1710
リバタリアンとは、徹底した自由主義者のこと。政府の機能は最小限にとどめ、個人の自由を最大限に尊重すべきという考え方です。
—-